何度も挫折しながら、それでも捨てきれない不労への夢。FXは俺のファンタジー

FXで勝つための基本~資金管理編~

  • 9月 28, 2019
  • 10月 9, 2019
  • FX
  • 18View
  • 0件

こんにちは、でんすけです。
今回はFXにおいて期待値を存分に活かすための資金管理とメンタルについての記事です。

皆さんは、資金管理とメンタルが特に大切、みたいなフレーズを見たことがありませんか?
俺は駆け出しの頃、投資関係の本やFXで成功している人のブログでよく見かけました。
具体的には一度のトレードで現在の資金の2%を越える損失を許容する手法でトレードを行い続けると資金を飛ばす確率がグッと上がるから気を付けなよといった内容のものでした。

もう少し分かりやすくするために愚か者の失敗談を元にお伝えしていきます。

D君のトレード

D君は初心者FXトレーダーです。百万円を資金にFXの世界に飛び込みました。
これなら勝てるだろうという手法をひっさげ、絶対に資金をとばさないために、一回の負け額は百万円の2%の2万と心に決め相場に挑みました。

ところがあっという間に連敗で資金は半分に。スキャルピングというスパンの短い取引手法を選び、初心者故の操作ミスや負けに偏ったりしたことなどが原因です。
D君の頭の中はあせりと負けを取り返したいいう気持ちで一杯になります。

そしてやらかします。

FXデビュー後初めての雇用統計の日に往復ビンタでぼこぼこにやられた後、最後の勝負とばかりに損きりを放棄します。

新米トレーダーからお祈りする人にクラスチェンジを果たしたD君の相場への冒険はここで終わりました。

ぐにゃ~
せつないですねぇ、D君・・・今思い出しても胸がいっぱいなります(;_;)

さて、気を取り直してD君がなぜ資金を飛ばしてしまったのかポイントに分けて見ていきましょう!

ポイント1 手法面

スキャルピングというスパンの短い中でトレードを行ったことにより、メンタルを立て直すことができなかった。
始めは大きな時間軸のスイングトレードなどで一回一回落ち着いて行うべきだった。

ポイント2 資金管理

資金が半分になった段階、もしくはそれ以前に、一旦リセットし、せめてその時点の資金の2%を最大損失とすべきだった。
取り替えそうという気持ちを捨てることでメンタルもリセットできたはず。ちなみに今のおれは大体50万刻みで枚数調整を行っています。

ポイント3 雇用統計などのイベントは避ける

初心者でありながらめちゃめちゃ波の荒くなる雇用統計に挑んだこと。当然メンタル崩壊し資金管理のルールも吹き飛ぶ。

つまりは、初心者のうちはメンタルが落ち着く方法でやりましょうということですね。ドキドキもワクワクもしないくらいの枚数で、期待値のあるトレードを行い続けましょう。(大前提として期待値のあるトレード手法を選択出来ていなかったと思われますのでどっちにしろD君は負けていたとは思いますが・・・)

相場の海の藻屑と消えていったD君の失敗談を糧に皆さんは資金を飛ばさないようにしてくださいね。

FXで勝つための基本まとめ

前回の期待値編と合わせると下記の事がFXで勝つための基本だと思っています。

期待値的に有利な手法を見つける

これはシストレでも手動で行う場合でも一緒。ただ、バックテスト(自分の手法を過去のデータに当てはめて実際にトレードしていればどうなったかを調べること)をしなくても済むので手間が省けます。

資金管理を行う

予期せぬ事態、例えばフランショックやリーマンショック等が起きた時でも資金が吹っ飛ばないようにしましょう。浅く広く投資先を見つけ、そのすべてが期待値的に優位であればかなり安定したトレードが行えるはずです。

メンタルが揺さぶられない環境作り

明確な理由、例えば使っているストラテジーが廃止になったり、新しく加わったストラテジーのデータが出そろい明らかに現在のものより良いなどの理由がない限り変えてはいけません。特に、手動で行う場合は信頼できる一つの手法を確立するための時間もかなりかかります。
同じく、枚数もメンタルにものすごく左右されやすいので、一つのポジションには資金の何%を使用するなどの明確なルールを決めたらそれを守りましょう。
メンタルは強くするには時間がかかりますし、経験も必要だと思います。しかし、その経験の間に資金を吹っ飛ばしてしまう人が大勢います。もちろん俺もその一人でした。そうならないためにも初心者の方は焦らずまずはメンタルが揺れないようなトレード環境を作りあげることを目指してはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ぐにゃ~
ツイッターやってます!