何度も挫折しながら、それでも捨てきれない不労への夢。FXは俺のファンタジー

初心者向け 押し目と戻り目を探そう

勝っている人がよく言う、押し目と戻り目を探せば勝てる。そもそも、押し目、戻り目って同じチャートでも見ている時間足や手法によっても変わるし、よく分かんない!と僕は思っていました。

最近になってやっと腑に落ちたので備忘録もかねて記事にさせて頂きます。

押し目・戻り目とは

上昇トレンドにおける調整部分を押し目、下降トレンドにおける調整部分を戻り目といいます。
調整は主に利確により起こります。

押し目・戻り目狙いはなぜ優位性があるのか

強いトレンドの方向に、少しでも有利な位置でトレードが出きるから。有利な位置で順張りが出きるからとも言い換えられます。

また、方向性がハッキリしてから入ることでより勝率も上がります。損切ライン、利確ポイントも分かりやすい場合が多いです。

 

実際にチャートで説明

押し目戻り目

上の図で言うと⓵でトレンド転換確認後、②で押し目を作っています。その後再度上昇し③がこの図から分かる押し目となります。
では、④は何でしょう?この図では分かりませんので、ひきで見てみましょう。

 

長いトレンドでの戻り目

ひいてみると④は大きなダウントレンドのチャネル上限の戻り目として捕らえることが出来ます。残念ながら上抜けしてしまいましたが見方を変えるとこのように短期では逆張りに見えてももっと大きなトレンドでは戻り目による順張りとなっています。

今の価格の位置が大きなトレンドの中のどこにあたるのか、小さなトレンドではどうか、そして今からエントリーしようとしている手法はどのトレンドを意識した順張りなのか、それとも逆張りなのかなどを意識するとトレードに根拠を持たせることが出来ます。

逆に、根拠やトレンドの認識があやふやになってしまうとエントリーポイント、損切ライン、利確ポイントなどが混乱してしまい、短期用に持ったのに損切り出来ず長期の損切りラインまでずるずる持ってしまう等、期待値を減らす要因となります。頭の中は常にスッキリさせておきたいですね

 

押し目、戻り目を探すための方法

・レジサポライン

・フィボナッチ

・ダウ理論

・チャネルライン   等

 

その他色々な方法がありますが、自分なりの組み合わせで根拠の強い押し目、戻り目を探してみてください。

 

 

まとめ

押し目、戻り目を探すと結果的に順張りになりますし、損切ラインも分かりやすくN値の法則などにより利確ポイントも分かりやすいかと思います。

また、押し目、戻り目を探す際は色々な時間足や見方で、どの時間足、どのトレンドによる押し目or戻り目なのかを認識することは忘れないようにしてください。

押し目戻り目
ツイッターやってます!