何度も挫折しながら、それでも捨てきれない不労への夢。FXは俺のファンタジー

FXで勝つための基本~期待値編~

  • 9月 23, 2019
  • 10月 8, 2019
  • FX
  • 26View
  • 0件

こんにちは、でんすけです。今回は期待値についての記事です。スロットやその他ギャンブルの経験者なら聞いたことや詳しく知っている人もいると思います。本記事は期待値なんて聞いたこともないという人に向けてお送りします。

期待値とは・・・
ギャンブルで言うとその賭けを行うことによって得られる結果の平均値のことです。その値を中心として結果がばらけていくわけですね。

 

じゃんけんで例える

それでは、簡単に説明するためにじゃんけんで例えてみましょう。じゃんけんはギャンブルじゃないって?そう思った人はカイジ一巻を見てみよう!

さて、A君とB君がじゃんけんをします。共に所持額は2000ペリカでスタート、始めのうちは一回じゃんけんに勝つと負けた方から100ペリカを払うというルールでやっていました。

しかし、十回終わった段階で5勝ずつというつまらない結果。二人とも±0ペリカ。運の気まぐれも一切なく期待値通りの結果となっています。

その結果に不満を感じ、ずる賢いA君は動きます。

A君「このままじゃ面白くないし、あいこの時もペリカが動くようにしようぜ。お前は一回勝った時にいっぱいペリカが動く方がいいだろ?」

のんびりした性格でめんどくさがりのB君は答えます。
B君「そうだなぁ、おではそっちのほうがいいなぁ~」

A君「じゃあ、B君は勝ったときに200ペリカな!俺は、勝ったときは150ペリカ。あいこの時にも75ペリカもらうぜ!」

B君「わぁ~今までの二倍ももらえるんだ。ラッキー、がんばるぞぉ」

ずる賢いA君によりこのじゃんけんの期待値は変動しました。
変動後のA君の期待値を見てみましょう。

勝ち150+あいこ75-負け200=25ペリカ

B君の期待値は-25ペリカとなり、A君は一回のじゃんけんで25ペリカの期待値を得られることとなります。

圧倒的僥倖

さて、その結果は?

皆さんはこの後、どうなったと思いますか。普通に考えたら有利な勝負を行えたA君が勝つ確率が高いでしょうね。ところがです・・・今まで均等だった勝負運がB君に一気に傾きました。10連勝で2000ペリカを一気に獲得。A君の所持ペリカは0になりこのじゃんけんゲームは終了しました。

B君・・・圧倒的つ・・・僥倖!!!

呆然とするA君。なぜこんなことになってしまったのか。それは僕がそう決めたから・・・なのですが、確率的に言うと1/3を十連続で引いてしまったからですね。

1/3の十乗は、その確率は000.1%です。十万回に一回しか起こることが起きてしまったのですね。

十万分の一なんて、そうそう起きるはずがないと思うかもしれませんが、例えば三つ葉のクローバーの中から四つ葉のクローバーが見つかる確率が十万分の一です。俺は昔、幼稚園の頃の遠足で見つけたことがあります。
他にもスロットの重めのフリーズが十万分の一ですが勿論何度も引いたことがあります。

あり得ないことなんてあり得ないってことですね。

もし、A君、B君の持ちペリカに底がなく際限なくじゃんけんが出来る状況であれば、A君は勝っていたことでしょう。しかし、A君にも、そしてもちろん俺たちFXトレーダーにも資金の限界はあります。

なので期待値の優位性を活かし稼ぎ続けるためには、リスクを極限まで低くすることが求められます。

次回の資金管理では実際にどうすれば資金を0にせず、トレードし続けられるかについて書いていきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

圧倒的僥倖
ツイッターやってます!